資金計画

預かり金精算明細が届いた!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
引き渡しまで約1カ月となりました。

そんなある日、

また一条工務店から封筒が届きました。

封を切ると出てきたのは、

請求書預かり金精算明細でした。

請求書に関しては、すでに住宅ローンとして銀行から工事代金を借りているので一条工務店にすでに支払い済み。請求金額は0円。なんてこともありません。

しかし、預かり金は逆に一条工務店から私たち契約者に返ってくるお金となる。

これゃワクワクが止まらない。

今回はそんな一条工務店の預かり金について説明いたします。

そもそも預かり金ってなに?

契約金とは別に、

預かり金80万円と言うのが一条工務店と契約すると出現します。

使用用途は

  1. 収入印紙
  2. 諸官庁手続き費用
  3. 水道加入間及び本管取り出し工事費
  4. 登記費用
  5. つなぎ融資利息金
  6. 設計業務受託料など

工事代金以外に掛かる費用に充てるお金です。

言ってしまえば施主が何度もお金を財布から取り出さなくても良いようにするシステムです。

え?契約金とは違うの?

全くの別物です。

契約金はまぁ言ってしまえば頭金。一条工務店への人質みたいなお金であり、預かり金は事務などの諸経費に充てる軍資金的なもの。

じゃあ、契約金100万円+預かり金80万円を現金で準備しないといけないのかと言われれば、答えはノーです!

預かり金は住宅ローンに組み込まれ、銀行から直接一条工務店へ入金されます。

施主の財布がこれ以上寒くなる事はありません。なので、預かり金が精算されて何万返ってくるか楽しみにしていればオッケーです!

KAMIDERA家の預かり金精算明細

契約印紙代 10,000円
追加契約書印紙代 5,000円
設計業務受託料 110,000円
設計業務受託契約書印紙代 200円
事務手数料(住宅ローン) 11,000円
水道申請関係 224,000円
合計 360,200円
預かり金 800,000円
差引残高(施主へ返金) 439,800円

残高に関してはケースバイケース。水道加入金額などは自治体によっては掛からないです。逆に地盤改良中に埋設物が出たらその撤去費用が請求されることもあります。

でも、おおむねなにもなければ40万円は返金されるんじゃないかと思います。

返金される時期

引き渡し日から1ヶ月、2ヶ月掛かるとのこと。金融機関からの融資実行時期、登記完了時期によるとのことです。

引越しの手作りでバタバタしていると思うんで、落ち着いた頃に一条工務店から新築祝いが貰えると思っていればいいんでしょうねw

KAMIDERA家のこの40万円は火災保険、地震保険となって経済活動の歯車として旅立つ予定です。

 

応援よろしくお願いします!
ブログ村でブログ掲載しております。
有益情報をどんどん発信していきますので、応援のほどよろしくお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)