掃除

一条信者必見!浴室の掃除で取り返しのつかない事件発生

時を戻そう!タイムマシーンってどこにあるの!?マジで後悔してるんだけど( ;∀;)

そんな出来事が、浴室を掃除していて発生致しましたので、皆様に情報提供としてブログを執筆している次第です。反面教師に私はなりたい。じゃなと本当に意味のない失敗になってしまう。。。。

じゃあ、さっそくどんな掃除の失敗をしたのかご紹介致します!

本日のテーマ

スマートバスの掃除でやってはいけないことを紹介するぞ!

 

注意点!今回のミスで使用した商品に非はありません。今後も私の掃除ライフになくてはならない商品であることは明言します。

酸性洗剤をラップをして3時間放置した結果・・・・

実際の写真をご覧ください。※過去のブログでも簡単に紹介てますが。。。

謎の汚れ
掃除したつもりが悪化した

取り返しのつかないこととはこのこと。明らかにラップの形で色落ち?シミ?が出来てしまっています。これは数か月経った今でも変わることなくこのままとなっています。

掃除方法と使用した道具

洗剤:おふろのなまはげ(酸性の洗剤)

道具:食器用のラップ

掃除方法:件の汚れにおふろのなまはげを噴射!そしてラップを被せて3時間ほど放置!

 

原因を考えてみた!

そもそも、あまりにも多忙で掃除ができていなかったことが原因で出来た汚れ。皮脂汚れ、シャンプー類の石鹸カスが乾いて落ちにくくなったの物がこのシミだと思います。

最初はそれに対して浴槽用の中性洗剤を使用してブラシで掃除したが、全然汚れが落ちなかった。なので、それよりも強力な酸性の洗剤を大量に噴きかけ、追い打ちするかの様にラップをして長時間放置。必要以上に放置してしまったことが、床のコーティングまでも汚れと一緒に落としてしまったんだと考えております。

じゃあ、何が正しかったのか?

あくまでも素人目線ですが、頑固な皮脂汚れはアルカリ性の洗剤を使用してラップはしないで適度な硬さのスポンジで擦れば汚れは簡単に落ちたんじゃないかと思っています。皮脂汚れはアルカリ性の方が効果あるみたいですし。まあ、長時間放置してしまったことが、一番の原因ではないかと考えているので、アルカリ性だろうが酸性だろうが、適切な清掃方法をしていれば問題なかったと思います。

それで、今はどうしているか

じゃあ、いっそのこと同じ色味にしてしまえばいいのでは?と考えた私。結構危険なことを考えていることはわかっていましたが、この失敗を少しでも目立たなくしたいので、同じ洗剤を同じ時間ラップをして放置することにした。

で、結果は・・・・・・大きな変化なし(笑)

多少周囲の色味が落ちた気もしなくもないですが、一目でラップの後がのこっているのは今で変わりません

こうなると原因が分からない。

その日の気温?湿度?床の汚れ具合?何かが最初の失敗した時の条件と違うのでしょうか。

同じ洗剤を同じラップで同じ時間放置したのに。謎は深まるばかり。

で、私からの皆様へのアドバイス

着色された床に、長時間ラップを使用して洗剤を放置することは避けてください。その洗剤がアルカリ性だろうが酸性の洗剤だろうが関係なしにです。もし、頑固な汚れであれば、普通に目に見えない場所で色落ちしないか確認することがベストです。私が使用したおふろのなまはげも、保険としてなのか裏面にしっかりと色落ちするかもしれないから目立たない場所で試してから使用するようにって注意書きしてあるし。

鏡面仕上げの壁に無数の傷が・・・・

眩しいほどの鏡面
現在の残念な鏡面仕上げ
掃除方法

洗剤:茂木和也

道具:超人たわしZ

写真を見て分かる様に、円を描くように水垢汚れを研磨剤入りの茂木和也を使用してたわしで擦りました。鏡面仕上げの壁に研磨剤入りの洗剤使うことがそもそもの原因ですね。

 

正しい掃除方法

そもそも、子供がシャワーの水を鏡面仕上げの壁に掛けて遊ぶことで、大量の水滴が壁に付着し、それを拭き取らないで放置し乾燥させてしまったことが汚れの原因。基本的には水垢なので、酸性の洗剤を使用して柔らかいスポンジで擦ればいいだけです。本当なら、いつもはこの方法で掃除していましたが、疲れていたのか、さっさと掃除終わらせたくて手元にあった茂木和也を手に取りゴシゴシと力強く擦ってしまったんですよね。

復旧を試みる予定

あまりおススメしない。てか、マジでお勧めしませんが、時間が出来たら車の傷を消すコンパウンドとポリッシャーを試してみようと思います(笑)また、かなり危険なことをしてようとしていることはわかります。素人が鏡面仕上げの壁にして良いことではありません。

でも、憩いの場の壁が見るからに傷だらけなのは耐えられない。少しでも傷が目立たなくなれば儲けもん。慎重に慎重を重ねて実験してみるつもりです。

私からのアドバイス

鏡面仕上げの壁はどんなことがあっても研磨剤入りの洗剤の使用は避けるべき。傷が付くのは当たり前。付着した汚れを分析して適した洗剤を適した道具を使って汚れを掃除するべき。間違っても研磨剤入りの洗剤で、硬いスポンジを使用してゴシゴシと力を入れて擦らないことです!

適材適所があるんだと肝に銘じることが一番大事

結局、最後に言いたいことは、汚れに適した洗剤を使用して、正しい清掃方法を守り、定期的に掃除することが自分の家を守ることに繋がります。

今回は、放置していた分、徹底的に掃除する意欲がありすぎて巻き起こした悲劇とも言えますし、掃除に慣れてきた油断から洗剤選びを間違えたことが大きなミス。

たかが掃除、されど掃除です。

適材適所、正しい洗剤を使用して正しい道具を使用して、正しい清掃方法をマスターすることがなによりも大事と痛感しました。

このブログを少しでも多くの人に見て頂いて、私の様な悲しい気持ちになる方を減らしたいです。どうか、皆様、同じミスをしないでくださいね。

 

応援よろしくお願いします!
ブログ村でブログ掲載しております。
有益情報をどんどん発信していきますので、応援のほどよろしくお願いいたします。
オススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)